Italian Restaurant Baser メインイメージ

おきな屋のこだわり

水も空気も雪もきれいな本州最北の地、あおもり。

生真面目に生産された青森の美味しい産品を使い昔ながらの手作りでお菓子を作っています。
手間と時間をかけ、何よりも安全な原材料を優先に素材の美味しさを追求しました。
今はやりのお菓子を作ることは苦手ですが、お菓子の基本はいつまでも残したいと願っております。

全国の食品メーカーで作る「良い食品づくりの会」で、今も勉強をして食の安全を考えています。

良い食品づくりの会

 

製造風景


■  オリジナル豊かな菓子づくり

  • たんなる物まねに堕しない
  • 安易に流行を追わない
  • 見栄えがよいだけのファッション菓子ではない
  • 地域の産物を積極的に取り入れ、ネーミング・デザインを合わせて郷土色のあるものをつくる
  • 和菓子の世界で、とかくもてはやされがちな「雅」を安易に追求しない。

 

薄紅製造

■  品質がよく、なによりも美味しい菓子づくり

加工工程の省力化のために便利なもの、例えば寒天の代わりにカラギーナン等を使用しない。あるいはカステラなどの泡立ちを早めるために気泡剤を使用しない。 味をマイルドにするため転化糖などの添加物を使用しない。また添加物は、安全性とは別に味覚を落とすので最小限の使用にする。

和菓子づくりの基本となる餡については、生餡を製餡所から仕入れ砂糖を加えて練るという方法でなく、直接、北海道産の小豆から作る100%自家製餡とする。
当店では「薄紅」「たわわ」等りんご製品が主力となっていますが、りんごの菓子づくりに最も適した酸味のある「紅玉」を使用しています。

 

正直な仕事

和みの輪

地産地消りんご
美味しいものは、その土地でとれたものにこそあります。食べ物は風土が育てた文化なのです。
「おきな屋」は、青森らしいお菓子作りを目指しています。地域の食材にこだわること、郷土の味の懐かしい記憶。「ほんもの」は、そういう所にあるのではないでしょうか。
南部小麦、中村養鶏の卵、青森県産の林檎、山葡萄のワイン、津軽味噌、上北地方の長いも・・・・・。
これらはみな、日本だけでなく世界に誇れる食材です。
その確かな味を是非「おきな屋」でお確かめ下さい。

ページトップへ戻る